Profile

飯野(須永)晃子のプロフィール

◎一般社団法人日本ヒーリングフード協会 理事長
◎ホリスティック・ヘルスカウンセラー
(ニューヨークのInstitute for Integrative Nutritionにてトレーニングを受け、
米国代替医療協会(American Association of Drugless Practitioners)により認定)
◎株式会社プレマ 代表取締役社長

blog: ameblo.jp/organic-aco
facebook: facebook.com/akiko.organic
twitter: @organic_aco

■経歴
津田塾大学英文学科卒業。東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専攻環境経済学研究室修士課程卒業。農学修士。
東京を拠点に国内外で講演やセミナー・イベントを開催。 美容と健康をサポートする自然な食事法や、食育やオーガニックなどに関する執筆や教育ソフト作成、講師としても活躍。 自然食品の商品開発等のコンサルティング、食生活改善を中心としたカウンセリング等も行う。 日常にとり入れやすいヒーリングフードを研究・提案している。

2002年~2005年:インドの有機農業の研究
東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専攻環境経済学研究室にて「インドの有機農業」について研究、2004年論文発表 。
2005年10月ニューデリーの農学研究国際会議" 4th International Food Legumes Research Conference(IFLRC-4)"に招聘され、リードスピーカーとして論文を発表。

2004年~2006年:心・体・地球に優しい食品開発
2004年株式会社ナチュラルハウスに入社。商品部栄養補助食品担当になり、オーガニック原料や伝統製法にこだわったナチュラルでヘルシーな健康食品を開発、マーケティング、プロモーション、社員トレーニングなどの経験を積む。

2006年~現在:ヒーリングフードの研究・オーガニックの専門家・健康食カウンセラー
アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど各国の食文化も研究する。心と体を癒す食事=ヒーリングフードをコンセプトに、健康と美容に導く食事の研究を本格的に開始。その知識・技術の普及のため、東京を拠点に国内外で講演やセミナー・イベントを開催し、執筆や教育ソフト作成などを精力的に行なう。
有機・自然食品通販サイト「プレマフーズ」をはじめとし、 有機農産物・有機食品・自然健康食品の商品開発やプロモーション、コンサルティングなども行なっている。
ニューヨークのヘルス・カウンセラー養成校・Institute for Integrative Nutritionにてトレーニングを積み、米国代替医療協会によりホリスティック・ヘルス・カウンセラーの認定を受け、ヒーリングフードの実践をサポートするヘルス・カウンセリングもスタート。

2013年6月一般社団法人日本ヒーリングフード協会を設立。

2014年3月に長男を出産し、赤ちゃんとママのためのヒーリングフードの研究もスタート。
6月、書籍『「幸せ」食生活!今日から始めるヒーリングフード』発刊。
仕事上の名前を、須永(旧姓)から飯野晃子に変更。

10月、「女性・未来・農業」をキーワードに、情報や意見を自由に交換できる会として2013年4月より定期開催してきた研究会が「女性未来農業創造研究会」として組織化。立ち上げメンバーの一人として理事に就任。

2015年2月20日、第一回「女性未来農業創造シンポジウム」にてパネリスト出演。

6月、有限会社プレマ(9月に株式会社化)取締役社長に就任。

11月、株式会社プレマ代表取締役社長に就任。ワークライフバランスのあり方を追求しながら、オーガニックビジネスの発展とヒーリングフードの普及のために日々奮闘中。

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール画像

飯野 晃子(いいの あきこ)
(社)日本ヒーリングフード協会 理事長
米国代替医療協会認定ホリスティック・ヘルス・カウンセラー
株式会社プレマ 代表取締役社長
詳細ページへ

活動概要

『オーガニック アコ』として、“こころとからだを癒し、魂を輝かせる食生活”を提案する「ヒーリングフード」という概念の普及活動を行っている。
【主な講演・セミナーの分野】
・体と心を癒し魂を輝かせる「ヒーリングフード」のコンセプトに基づいた 食材、メニュー、食生活アドバイス
・食育(子供向け、成人向け、食品販売員向けなど)
・有機農業、オーガニック食品を中心とした地域農業の活性化
・食養学に基づいた食事法、伝統的日本食と健康について など
詳細ページへ




このページの先頭へ